White Knightは、安全上の問題に積極的に取り組むだけでなく、引き続き潜在的な問題を特定し対処する所存です。 16種類の安全トレーニングがWhite Knightの全従業員に提供されているだけでなく、多くの従業員が各自の仕事内容に適用できる追加の様式化された安全トレーニングコースを受講しています。このコースの受講者は100%の精度で合格することが義務付けられています。

White Knightの装置は、常に保守が行き届き、その意図した目的のみに使用されます。 予防保守は計画した間隔で実施され、装置上の各種安全機構は定期的にチェックされ多くの場合冗長構造を採用しています。 White Knightは、適切な保護具と保護服の使用を要求します。

建物の外部に置かれた塵埃収集システムは、塵埃が問題となる建物の製造エリアを通してダクトで取り付けられています。 これは主に安全に配慮したものですが、作業域を正常に保つためにも役立っています。 メインシステムからのダクトを使用できない場所では、独立した塵埃収集システムを使用します。

プロセスフッ素重合体を処理するオーブンは、Teflon® PTFEのプロバイダーの推奨に従って外部にベントされますが、White Knightではシールが正しく機能しない場合に備えて、これらのオーブンのドアにカーテンと煙霧収集機能を追加しています。

射出成型機は、プラスチックやフッ素重合体溶融時に放出される煙霧を収集し排気するために、所定の場所に煙霧収集システムを装備しています。

非常用洗眼場所とシャワーが建物内の要所に設けられています。

個人用保護具が提供され、必要に応じて使用する必要があります。また、これを使用するためのトレーニングも提供されます。 防音及び目の保護等その他の保護具を、該当箇所に提供し使用する必要があります。

White Knight 洗浄用従業員水中ポンプ
White Knightの金属加工エリア
White KnightはバージンPTFEパウダのみ使用し再