液体側シャフトを持つWhite Knightポンプは、ポンプの動作圧力に関係なく、シールに十分な圧力を加えることができる油圧装着シールを採用しています。

ポンピング中の液体の圧力でシャフトシールはシーリング位置に保持されます。 これらのシールは、ポンプ圧力が上がるとシャフト上できつく締まり、圧力が低下するとシールの力が低減します。 これはTeflon® PTFEの高い曲げ特性と低弾力性を利用して、薬品の完璧な密封を実現しています。

油圧で取り付けたシャフトシールの標準版は、十分な吸込揚程を提供する一方で、シャフトとシールへの破損なしに2、3分間空運転が可能です。 空運転可能バージョンは、長期間にわたり損傷なく空運転が可能ですが、冠水吸い上げを使用するアプリケーションにより適しています。

油圧負荷式シャフトシール