White Knight Liquid-Side Shaft in PSA060 High-Purity Pump
White Knight Liquid-Side Shaft in PSA060 High-Purity Pump

White Knightの高純度ポンプは、最も良心的な半導体製造企業が要求するコンパクトな設置面積と異質潤滑剤無しの金属を一切使用しないポンプ設計を可能にする液体側シャフトを特長としています。

ポンプの主軸を液体路の中央に通すことで、極めて小さい設置面積を可能にしているため、装置及びクリーンルーム内の1 cmでも貴重なスペースを節約することができます。 液体側シャフトは、ポンピングしている液体によって潤滑されているので、この技術はWhite Knightに金属部品と異質潤滑剤を一切使用しないポンプの提供を可能にし、その結果薬品汚染のリスクを大幅に解消しています。

液体側シャフトトはポンプが動作する流体によって潤滑されているので、長時間(30秒を超える時間)空運転すると従来の液体側シャフトとシールに深刻で致命的な損害を与えます。 White Knightは、これがアプリケーションやこのために開発された標準ポンプのSD版にとっては理想的な状態ではないことを理解しています。 SDポンプは長期間空運転できるよう設計されていますので、1時間フルに空運転した後でもシャフトやシールを破損することはありません。

金属部品や異質の潤滑剤を使用しないポンプを可能にする他の特長には、油圧で取り付けたシャフトシールやシャフトが含まれます。 吸込揚程を維持する一方でポンプを空運転する必要のあるアプリケーションを可能にする特長には、エアサイド・シャフトが含まれます。